*戸建てなどの全体設計は、パートナー企業と提携して行っております。

二級建築士は、都道府県知事の免許を受けて、二級建築士の名称を用いて、設計工事監理等の業務を行うものである(建築士法2条3項)。具体的には、一定規模以下の木造の建築物、および鉄筋コンクリート造などの主に日常生活に最低限必要な建築物の設計、工事監理に従事します。

二級建築士が設計・工事監理のできる限度範囲は、以下のとおりです。

1.学校・病院・劇場・映画館・公会堂・集会場・百貨店などの公共建築物は延べ面積が500平方m未満のもの

2.木造建築物または建築の部分で高さが13mまたは軒の高さが9mを超えないもの

3.鉄筋コンクリート造、鉄骨造、石造、れん瓦造、コンクリートブロック造もしくは無筋コンクリート造の建築物または建築の部分で、延べ面積が30m²~300m²、高さが13mまたは軒の高さが9m以内のもの

4.延べ面積が100m²(木造の建築物にあっては、300m²)を超え、又は階数が3以上の建築物(ただし、第3条の2第3項に都道府県の条例により規模を別に定めることもできるとする規定がある)。

つまり、木造の住宅や、小規模な鉄筋コンクリート造などの建物(延べ面積300m²以内のもの)などの設計及び工事監理が可能。

ですので、上記範囲内の施設、店舗設計やデザインを主に手掛けております。

設計料(設計監理料=設計料+工事監理料)

平成21年国土交通省告示第15号、建築設計料の業務報酬基準に基づき算出しています。 戸建住宅の場合、建築費用の12%が費用の目安になります。

[木造]
床面積あたりの単価=\70,000/1坪
最低基準料金\1,800,000(税別)

[鉄骨造・鉄筋コンクリート造]
床面積あたりの単価=\85,000/1坪
最低基準料金\2,200,000(税別)

*木造3階建て、RC造、鉄骨造など構造計算が必要な場合は、別途、構造設計料を承ります。
*確認申請、完了検査申請手数料は別途承ります。


logo-anshin.gif

logo_houseco_01.png

sugihara800005.jpg
sugihara800020.jpg
14sugihara800018.jpg

tnkzr-after.jpg

三田グレース下絵.jpg