10422963_676778015726132_7792987239865516695_n.jpg

株式会社ガウディ 代表取締役 早乙女明子 Akiko Saotome

エグゼクティブデザイナー

宅地建物取引士
二級施工管理士
二級建築士

日本デザイン学会 学術会員
オールアバウト インテリアガイド
(建築プロデューサー)
リビングデザインセンターOZONEプロ会員


2012年、住まいに関する対応が大きく変わる年、とガウディは考えております。そして変わらず、
『時代に適した しなやか な対応』を心掛けております。

2011年のオリンピックが決定してから、不動産や建築を取り巻く環境は大きく変わりました。また、3.11の東日本大震災以降、不動産に関するこれまでの概念は払拭され、一新しています。新しい、不動産の時代の幕が明けて数年が経過、徐々に都市の地価も上がってまいりましたし、中古市場は売り手が不足している現況です。
数年前より住み替えが容易ではありませんが、リフォーム分野が目覚ましく発展しており、区分所有者は専有部分をどこまで直すのが賢明か?の判断が、良きガイド、良きアドバイザーを道連れにすれば容易な時代となりました。

弊社ではお客様の、「大規模なマンションリフォームをすべきか否か。」のご相談に乗り続けてもうすぐ20年目を迎えます。・・・ガウディでは不動産仲介とリフォーム、双方からのデーターと経験に基づき、そのマンションの価値、大規模修繕計画、立地、流通度合いなどから判断の上、お客様にとって適宜なリフォームを指南して差し上げることが可能な会社です。
代表者である私が日々考えるリフォームとは、資産価値を上げてゆけるリノベーションでありますから、この先の未来に建て替えがあるのならば、これまでの「フルリフォーム、スケルトンリフォームという発想」から、「住み替える」という選択への指南が必要になる、というわけです。

個人住宅ならば、売却する際に、次の方が必要とする現実に沿ったご提案、コントラクト(商業施設)ならばその先にいらっしゃるお客様が快適と感じられる空間づくり、また訪れたいと実感する空間設計。
コストパフォーマンスを考慮した、ご商売が繁盛される助けとなる空間づくり、でなければなりません。

不動産と建築、設計を一貫してご提供できる会社の『すべきこと』を熟考し、施工スタッフの技術、並びに質の向上にも力を注ぎながら、トータルサービスをしっかりさせて頂ける企業でありたいと節に願っております。
チームワークの良さが、良い仕上がりにつながると考えています。お客様のために、スタッフのために、出来ることを重ねていきたいと思っております。
ただ直すだけですか?それともこだわりますか・・・

そう唱えて16年超。

我々ガウディとの出会いがお客様にとって、希望の扉を開く第一歩となりますように。。。

2015年2月8日 株式会社ガウディ 代表取締役DEO 早乙女明子

ページトップへ